明治学院の卒業生・島崎藤村の作品『家』が映画化されました

本学のキャンパスもロケ地として使われています

明治学院第1期卒業生である、文豪・島崎藤村の作品『家』が映画化されました。本学も学校風景などのロケ地として使われ、学生や教員もエキストラとして出演しています。映画は、2013年5月より全国で公開されます。ぜひ劇場にて、お楽しみください。

あらすじ
小泉家から造り酒屋を営む橋本家に嫁いだ橋本種子(西村知美)は、子宝に恵まれ、順風満帆な結婚生活を営んでいた。しかし、時代ととも旧家の橋本家と小泉家にさまざまな困難が降りかかる。「家」の崩壊―その中で主人公種子が見出した新しい「家族」のかたちとは。
詳細情報
上映日や劇場、出演者の詳細については、映画『家』公式サイトをご覧ください。
映画『家』公式サイト
トークライブ・上映会情報
主演の西村知美さん、秋原北胤監督がトークライブに登場します!

日時:9月25日(水) 午後13:20~
場所:白金キャンパスアートホール
入場料:無料

本学キャンパスでの撮影風景

ロケ地として、歴史的建造物である明治学院記念館、インブリー館、そして白金チャペル周辺が使われました。みなさんお見逃しなく!


明治学院記念館


白金チャペル周辺